お墓の値段・費用など…の最近のブログ記事


お墓の種類で永代供養墓というものがあるのをご存知でしょうか。


永代供養墓は、今後増えていく可能性のあるお墓の形式と言えます。
永代供養墓とは家族によってではなく寺院や霊園によりお墓が永代に供養される形式であり
家族が少なくなっている現代では必要とされる、お墓のスタイルかもしれません。


永代供養墓は、家族がいない人のお墓だけでなく
家族がいる場合でも利用は可能です。


お墓参りに行けない人の中には、
永代供養墓を利用する方が故人への供養となると考える人もいるのではないでしょうか。


既にあるお墓を永代供養墓に移すことも場所によっては可能ですので、
今お墓参りが難しくなっている人は、永代供養墓に移すことを検討するのも良いかもしれません。


お墓を永代供養墓とするには、供養料や使用料などの料金がかかります
永代供養墓にかかる費用は寺院や霊園など、お墓を建てる場所によって異なります。
場所によっては最初に料金を支払うだけで
その後の費用が不要、といった永代供養墓も存在するようです。


費用面で言うと、通常お墓を建てるには墓石代が必要となりますが、
永代供養墓の場合墓石代自体が不要な所や、安くなる所もあります。


永代供養墓は、全てが永代に供養するというわけではなく
決まった期間のみ供養してくれるという所や
永代供養墓にするためには条件のある寺院などもありますので、
事前に確認をする必要があります。



お墓にかかる費用を安く抑えるのは、
お墓について知識のない状態では難しいことかもしれません。


お墓を建てるには大きな費用がかかることもありますが、
自分自身で墓石などを調べるなどすると
お墓にかかる費用は抑えられると考えられます。


お墓にはまず墓石が必要となりますが
安易に安い墓石を買うと後々面倒なことになりかねません。



お墓は長い間外気にさらされるものであり
丈夫なものでなければかえって修復などに手間隙がかかってしまうケースもあります。


価格と品質については、お墓を扱う石材屋さんと検討するのが良いでしょう。




最近は中国産の石材で作られた墓石も売られており、
安価ではありますが長期的に見ると錆びや色あせが起こる可能性のある石材も含まれています。



お墓にかかる費用としては、墓地にかかる費用も挙げられます。
墓地にかかる費用、管理費永代使用料を安くおさえるには
公営霊園を利用すると良いでしょう。


公営霊園は、費用が安いため抽選となるケースが多いのですが
お墓を建てる場所にかかる費用は随分と安くなります。



このように、お墓にかかる費用を抑えるためには
石材の知識や墓地の知識が必要となります。


知識のないままお墓を選んで建てると、
その時は安く抑えられたと感じても後に問題が生じる場合もあります。


価格だけでお墓を決めるのではなく、
お墓に入る人への供養の気持ちを大切にお墓選びを行ってはいかがでしょうか。


生きているうちに自分でお墓を建てることを考えたことがあるでしょうか。

自分が死んでしまってからお墓を身内に建ててもらうのは、以前は当たり前でした。
しかし近頃では、生前に自分の好きなお墓を建てるという考え方が広まってきています。

簡単にお墓を建てるといってもやはり高いので、
気軽にできることではありません。

お墓を建てるための現金を用意してからとなると
それなりにやりくりも必要です。
ところが、石材店によってはローンを組んで支払いできるところもあるようなのです。
もし仮に、ローンを払い終える前に亡くなってしまった場合はどうなるのでしょうか。


そのような不安は、業者が保険料を払う「団体信用生命保険」への加入で解消します。
団体信用生命保険とは、保険金をローン返済に当てることができる保険です。

お墓はとても高価なものですが墓石自体は現金だけで充分支払えるものもあります。
お墓を建てるのに意外と多くお金がかかってしまうのは、お墓周りのようです。

自分のお墓を少しでも見栄え良く、立派に見せたいと思うのは当然でしょう。
お墓のローンは墓石だけでなく、このお墓周りにも組むことができます。
墓石は現金で支払って、お墓周りはローンで支払うというのも一つの手です。

生前にお墓を建てる時は上手にローンを活用して
納得のいくお墓を建てたいものです。



お墓にかかる費用とは、一体どのようなものなのでしょうか。

お墓にかかる費用で一般的に考えられるのは
墓石代・工事費用・管理費・永代使用料などです。

お墓を建てる土地には税金はかかりません

お墓を建てる人は使用権を持つだけで
所有権は霊園や寺院など管理する側にあるからです。

お墓を建てる人は、高額な費用を払って永代使用権を購入し
お墓のための土地を借りる形となります。
借りる形でもお墓の場合、相続税などは負担しなくても良いようになっています。


霊園であれば、公営霊園か民営霊園かによってかかる費用は異なります。

公営霊園や民営霊園の中でも、条件や費用面でそれぞれ異なると考えられますので
お墓を建てる場所については、十分に検討する必要があるでしょう。


寺院墓地を利用する手もありますが
寺院墓地の場合、まずその寺院の檀家とならなくてはなりません。
お墓を建てるために檀家に入った場合でも、
寄付やお布施は求められることになります。


お墓を建てるには墓石が重要となりますが、
墓石の価格は種類によって大きく開きがあります。


石材をどのように加工するのか・文字の彫り方
デザインの仕方などによっても、値段は異なります。

硬度が高くきめが細かく、水を吸いにくい墓石でさらに国産の石であると、
お墓の中ではかなりの高額になると考えられます。

もちろん高額となる分、お墓として長くきれいな状態で保つことが出来るとも考えられます。