お墓を経営するためには


お墓を経営する場合には、たくさんある規則をクリアしなければなりません。


お墓は亡くなった人を埋葬するためにあるので、
利用者のことを一番に考えたものでなければなりません。
したがって、お墓を経営するためにはたくさんの規則があるのです。


墓地を新たに経営する場合、宗教法人や公益法人
あるいは地方団体でないと原則認可がおりません
認可は都道府県知事からおります。
ずっと昔から個人で墓地を経営している場合は、
わざわざ名義を変更するということもなく
そのまま経営されている場合が多いようですが
今後新規に墓地の経営をする場合は個人での経営はできません。



さて、認可をもらうためにはお墓を誰が管理するかということを届け出たり
墓地になるであろう場所の調査をしてもらったりというように、色々しなければなりません。



お墓を建てる場所というのは非常に重要で、
お墓に適した環境と適していない環境というものがあるので注意が必要です。



例えば住宅のすぐ近くに建てることにならないか
利用者にとって通いやすい環境かどうかなど、いくつもの判断基準があります。
土地の持ち主は経営者かどうかというのもチェックされます。


たくさんあるチェック項目をクリアできたら、晴れて墓地の経営ができるのです



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ohaka.moko-m.com/mt20130610/mt-tb.cgi/27

コメントする