歴史の中のお墓


日本各地には昔の人のお墓である古墳がいくつも残っています。
それでは現代のようなお墓になるまでに、
日本ではどのようなお墓があったのか見ていきましょう。


現代の墓石に近い角柱型のお墓が使われ始めたのは、
鎌倉時代・室町時代だと言われています。
その後江戸時代になると檀家制度が始まりました。
仏教への信仰が広まりお寺の檀家に入る人が増え
故人のお墓を作って供養することが一般的な習慣となりました。


お墓の歴史の中でこの檀家制度は大きな変化をもたらしたと言えるでしょう。


それ以前の日本では全ての人が同じように埋葬され
お墓を作るということはありませんでした。


古墳時代では天皇や身分の高い人、権力者などは
大阪府堺市にある仁徳天皇陵のような前方後円墳など
大きなお墓を作って埋葬されていました。


歴史の教科書などで写真を見た人も多いでしょう。
大化の改新では「埋葬令」が定められ身分によって葬儀や埋葬方法、お墓などが制限されました。


さらに昔、弥生時代では木棺が使われるようになり
死者の霊を鎮めたたりを避けるために
銅鏡や銅剣、玉類、太刀、食器などを木棺に一緒に納めていました。

このことから、弥生時代にはすでに信仰の概念があったと言えるでしょう。



それより前の縄文時代から亡くなった人の遺体は
土に埋める習慣があったと言われていますので、
お墓の歴史は非常に長いと言えるでしょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ohaka.moko-m.com/mt20130610/mt-tb.cgi/24

コメントする