時代によって変化するお墓


近頃ではお墓に入る当人が、亡くなる前にお墓を用意することも少なくありません。
また、自分の亡骸をこうして欲しいなど、
あらかじめ希望を伝えておく人もいます。


昔では到底考えられないことであり、
お墓の事情はどんどん変化しているようです。


現在のように、墓地や霊園にお墓を建てるようになったのは戦後のことです。
戦前ではこのようにお墓を一箇所に集めるようなことはありませんでした。
大抵は、所有地内にお墓を建てそこに先祖代々、埋骨されていました。


ほとんどの家で長男が家を継ぎ、
財産と共にお墓も継承されてきました。
しかし、核家族化や少子化の影響でそれも難しくなってきています。
墓地や霊園ができるようになったのにはこのような背景もあるようです。


大昔のお墓は今ほど立派ではなく、
背の低い石が墓石として使われていたようです。


平安時代後半から鎌倉時代には、
亡くなった武士に、5つの石で五輪塔を建てました。


江戸時代の檀家制度導入頃からお墓の考え方が変わり、
大切にされるようになりました。
それ以前は、お墓を掃除し墓前で手を合わせるお墓参りの習慣もありませんでした。
お墓は重要ではなかったので、
火葬せずそのまま埋葬されるだけの場合もありました。


これからも時代と共に、お墓に対する考え方も次々と変化していくかもしれません

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ohaka.moko-m.com/mt20130610/mt-tb.cgi/18

コメントする