色々なお墓


お墓には色々な種類があり、
自分の希望でどのようなお墓に入るかを決めることができます。


「○○家之墓」と書かれているような家族墓が日本では最も多いでしょう。


家族墓は、先祖から子孫へと受け継がれ
代々墓や先祖墓といった呼び方をされることもあるでしょう。


家族墓以外には、夫婦二人のお墓の夫婦墓比翼墓があります。
このお墓では夫婦どちらかが亡くなってお墓を建てた時に、夫婦の戒名を並べて彫ります。


家族や夫婦で一緒のお墓に入らず個人墓を持つ人もいるでしょう。


個人墓は単独墓とも言い、1つのお墓に1人の納骨となっています。
最近はお墓を建てる土地が少なくなってきたために、個人墓は減ってきているでしょう。


他にも、合祀墓というお墓もあります。
事故などでいっぺんにたくさんの方が亡くなった時に建てる慰霊碑なども合祀墓で、
血縁などに関わらず、大勢の人を祀り、石碑に一人一人の名前を入れます。



また、現代は生涯独身で過ごす人も少なくありませんので
会社やお寺が所有するお墓に入る人もいるでしょう。


このように種類のあるお墓ですが、
どんなお墓に入るかは自分の希望で選ぶことができますので
どのようなお墓があるのかを調べておいてもいいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ohaka.moko-m.com/mt20130610/mt-tb.cgi/9

コメントする