お墓を取り巻く問題・墓地不足


お墓を建てるための土地が足りなくなっているということを
耳にしたことはあるでしょうか。

お墓参りをすることを考えると、
お墓は交通の便が良い所、行きやすい所にある方が便利です。

しかし、都心部以外ではまだ空きがあっても
都市部に住む人は、お金がかかる個人墓を建てることが
場所の面、費用の面から、困難になっていると言われています。


こういった状況から最近では、個人でお墓を建てるのではなく
永代供養墓を利用するケースも増えてきているようです。

また、寺院や霊園などの共有墓地を利用するケースも多く見られます。


しかし霊園の場合、特に公営の霊園は費用が安くなるため、
どうしても人気が高くなってしまいます。

公営霊園を希望したとき多くの場合が抽選となって、
お墓を建てにくい状況にあるようです。


また、公営霊園自体が土地不足及び人口増加に伴って
不足しているという現状があります。


都心部の場合は、
公営より割高の民間の霊園さえ空きがなくなってきているようです。


お墓を建てたくても都心部にはもう建てる場所がないという問題は
これからますます深刻化していくかもしれません。


都会に住む人にとっては特に今後、
お墓を建てる墓地探しに苦労することになりそうです。


居住区から近い墓地はもちろんですが永代供養墓なども含めて
お墓を建てる場所に関してよく調べて、検討してみる必要があるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ohaka.moko-m.com/mt20130610/mt-tb.cgi/8

コメントする