一般的に、お墓とは墓石や墓碑をさしてと言われ、亡くなった人の遺体や遺骨がおさめられています。

亡くなった人を供養し、先祖が子孫を守るため、
子孫繁栄のために先祖を祀るためのものと考えられていることもあるでしょう。


昔の日本では地位のある人や身分の高い人が亡くなった時には
大きなお墓に埋葬し、現在でも古墳という形で残っているものもあり、ご存知の方も多いでしょう。


複数のお墓が集まっているところを墓地と言い、
地域や場所によってその墓地を管理する団体が違います。

各自治体が管理しているところもあれば、
財団法人等の団体や、個人が管理している墓地やお墓もあります。


墓地には、大きな公園のように広い敷地をもつ霊園と言われるものもあり、
地方自治体が管理していることが多いでしょう。


お墓を管理している場所で認可が必要になるなど、
それぞれに条件が違ってきますので、お墓の検討をする時には事前に調べてみましょう。



お墓の他に、納骨堂というものもあります。

納骨堂は、都道府県が許可を与えた施設に委託として遺骨を納めるところです。

納骨殿、霊堂と呼ばれることもあり、
敷地内に独自に納骨堂を設けている寺院もあるでしょう。


納骨堂では、お墓のように長い期間にわたって遺骨を預けることができます。


お墓は、いつでもお参りすることができ、
亡くなった人と残された家族、友人、子孫などをつなぐ場所だと言えるでしょう。




**************応援リンク**************

癌を克服した方の実話闘病記・・・肝臓がんの末期で余命宣告をされた方が1年半の闘病生活の末、ガンを克服したお話しです。

前に向く日記
失敗も大切
よっしゃ!と感じる日記
思いやりを持てる人になりたい日記
2年で自分を変えられる
http://www.jamesriversingers.org/
http://www.lelectronlibre.biz/
ヤミ金について
ワイルドなボクの楽しい日記
http://www.audpe.org/
ワハハとガハハで生きる!
http://www.resgroupbd.net/
敏感肌や乾燥肌
http://www.obsdeklinker.com/
元気に飛び回ってガハハ日記